中央区の賃貸オフィス

中央区の役割

東京都中央区は、その名の通り東京の中央に位置するエリアです。

それは、地図上の位置の問題だけでなく、日本のビジネスにおいても中央・中心になりうるエリアという意味もあります。

中央区の主なエリアというと、日本橋や八重洲、京橋にはじまり、茅場町や八丁堀、勝どきや月島などがあげられます。

日本を代表するショッピングエリアである銀座も中央区ですし、移転問題で揺れる築地、そしてオシャレなウォーターフロントとして知られる晴海なども中央区のエリアですから、その多様性が理解できるかと思います。

しかし、このように多彩なエリアが集まっている中央区ですが、街の役割的には基本的にビジネスが中心となっているといえるのではないでしょうか。

もちろん、中央区内にもたくさんの住宅はあり、日常生活を送っている人たちはたくさんいますが、それ以上に各エリアには仕事でこのエリアに集まっているオフィスワーカーの姿が多いのです。

 

中央区のメリット

東京駅至近の八重洲などに大きな本社を構える大企業の人もいれば、中小規模の賃貸事務所を拠点とする地方企業の営業担当などもいるでしょう。

店舗兼事務所のような形のオフィスに勤務している人も多いかもしれません。

いずれにせよ、中央区というエリアは、東京都の中でも多くの中央区の賃貸オフィスが存在しているエリアといって間違いありません。

ちなみに、中央区のオフィスのメリットは、多くの企業が存在しているということのほかに、東京駅や晴海ふ頭、箱崎(東京シティエアターミナル)といった陸・海・空の玄関口を持っているという点があげられます。

地下鉄も中央区全体を網の目のように走っており、中央区の交通の利便性というのは相当なものです。

今後は2020年の東京オリンピック開催に向け、ますます街の整備が急ピッチで行われることも考えられます。

となると、中央区の賃貸オフィスは、ますます利便性を高め、多くの企業にとって人気の高い物件となっていくことでしょう。